Thursday, February 22, 2024

春の英語学校探し

ちょうど、2月末から3月にかけては、

日本の学生さんは、4月の新学期に向けて

英語学習のための塾や学校をお探しですか?

実は、現在北九州市のほとんどの私立の中高一貫校の

学校が採用している英語の教科書があります。

裏を拝見しましたが、英語の教育関係者が作成したものではないようですね。

英語のリーディングには間違いが多くあります。

学校の先生もどんどんサボりになっていっています。

発表やプレゼンをする練習を生徒にさせて、

文法はほぼ自分で学習するように、、、

と言う方針のお勉強です。

学校の先生は、

プレゼンやスピーチの指導などできる先生は

本当にごく稀で、

北九州市には、はっきり言っていません。

ちなみに、、、英語学校にお勉強にこられるのは日本人や

日本の小中高に通っていらっしゃる生徒さんだけではないですね(笑)。

海外のインターナショナルスクールの生徒もいます。

TOEFLiBTのテストの点数が伸びない、

インターナショナルスクールで英語が全然伸びない、

英語の文法がわからない、

インターナショナルスクールの科目数が少ないせい、

日本人とアメリカ人のハーフの男の子がお勉強にこられたことがあります。

お父様は退役軍人で米軍のコントラクターとして働いていらっしゃるそうで、

息子さんを自分の近所の大学に通わせたいので

とにかく文法を勉強しなさい、、、

と言うことで、

当校でお勉強していました。

とても楽しいお坊ちゃんで、

無事、ジュニアカレッジからTOEFLを取り、

4年制の大学に編入しました。

よく、当校は優秀な子供さんや成績の良い子供さん、

英検だと2級を取得していないと入学を拒否する、、、

などということを言われますが、

そんなことは言ったこともありません。

国公立の子供さんも教えていますが、、、

先生が教育をすると言う体制になっていません。

だから、来始めた生徒さんは、

自分の教科書の単語の発音も分からない。

私は、分からない生徒さんを叱るのは非常に嫌いです。

真面目にお勉強に来られる生徒さんは、

真剣に一緒にお勉強します。

もちろんテクニックはありますよ、、、

公立の教科書にも対応して教えることも当然できます。

言語は、自分の道具にできてこそ意味があります。

私はその楽しさが分かってくれるように

指導をしたいといつも心がけています。

当校は、人に強制的な勧誘は致しません。

お気軽にお電話を下さい。

ちょうど、学年の変わり目です。

英語学校をお探しですか?

留学、大学院、就職などで英語に困っていらっしゃる方も

大歓迎です。

分からないまま、やみくもにお勉強しても、

全然意味がないです。

やはり、中学生や高校生で進路が医学部でなくても、

「英語がわかったら楽しいんだ!」

と言うことは、やはり一緒にお勉強することを通して理解してほしいですね。



関心のある方は、ぜひご連絡ください。

メールでも代表電話でも構いません!

生徒とは、やはり楽しく英語をお勉強したいですね:)

電話:(093)777-0811




Monday, February 5, 2024

英語のお勉強をを始めるのは?

 英語に触れさせたいという目的で、

よく、英語幼稚園や現在増えている英会話教室へ通っている子供さん

増えています。


私は、小さい子供さんも教えます。

よく、「慣れれば良い」と考えている親御さんが多いです。

当校にも英語幼稚園へ行ったことのある子供さん、

英語塾に困り、やって来られる子供さんもいらっしゃいます。

実は、非常に困るのことがありますね。

それは、発音をきちんとできず、子供さんが自分で勝手に作った発音を

覚えてしまい、その癖を取るのは非常に難しいです。


幼稚園や小学校低学年の子供さんで、日本語の幼稚園で、

英語経験ゼロで、ご両親も日本語だけという子供さんでも、

きちんと幼稚園の先生に感情表現の練習や言葉遣いなどを習っていらっしゃると、

言葉の説明や様々な説明が非常に容易でもあるし、

発音も覚えてくれます!

発音は、やはり小さい子供さんほど習得するのが容易です。


英語教室、英語幼稚園出身の子供さんは、

どうしても、自分の習った表現、すげに使ったことのある単語からの脱却、

すでに使った単語だけを使おうとする、

などの癖を取るのが非常に困難です。

英語を学習したことのある子供さんに共通するのは、

表現が年相応、初級者級でも非常に乏しいことです。


私は、このことは英語教育の現状として書いていますが、

小さい頃から始めた子供さんに関して、

将来英語を使う医師、弁護士や研究者、

それだけでなく色々な理由で英語教育を真剣に考えていらっしゃる方が

よく英語学校に来られます。

レベルが高い、低いという問題ではありません。

私は、入塾テスト、模試の成績などで生徒を判断すること自体、

全く意味がないと考えています。

今日は、子供さんの英語の習得について書きたいので、

高校生の模試のお話は省略させていただきます。。。


公立の小学校に通われている生徒さんも私立の小学校の生徒さんも来られます。

公立の小学校の学生さんに、

「私」ってなんて言うか知ってる?と尋ねました。

その子は、不思議そうに首を振っていました。

じゃあ、「何を言えると思う?」

「わからない、、、」

とのことでした。

発音も全然分からないとご本人がおっしゃっていました。

小学校で英語教育を受けていて、

何を習っているのだろう?と非常に不思議に思いましたが、

私は、最初から一緒にお勉強しました。

英語は英語と思われていらっしゃるかもしれませんが、

私は英語を主に使うだけで、日本語の解説をしっかりとします。

やはり、代名詞など子供さんがわかりにくい時にいは、

ちゃんと分かるように説明しますね、、、笑

もう、20年以上子供を教えていますから、

日本人の子供の癖などはよく理解しています。

英語は、暗記ではありません。

単語を覚えるのが英語ではありません。

私は、暗記など練習せずに、A4一枚びっしり書いている英語の文章を、

15分あれば全て覚えてしまいます。

内容でなく、英文全てですね。

それは、誰からも強制されたこともないし、

自分で必死に暗記の練習などしたことはありません。

私は、小さい子に暗記をさせるのが好きではありません。

小さい子供たちには、もっと楽しい英語のお勉強方法があります。

ネイティブの綺麗な発音を身につける方法もあります。

小さい時から、高校の卒業まで教えた生徒さんもたくさんいます。

小さい子供さんの親御さんで、子供さんのご教育、将来を考えていらっしゃる方は、

ぜひ、学校にご連絡ください。

Friday, February 2, 2024

入試シーズン

久々の投稿になってしまいました。

つい最近、ラサール高校に合格した生徒がいます。

医師になることを目指していますね。


もう、⭕️十年になりますが、

保護者の方、生徒さん自身からよく言われるのが、

先生の暴言と心無い言葉です。

人は、ふとしたことをきっかけに

非常に深い心の傷を負ってしまいます、、、。

子供だったら、大人だから何でも言ってよいと思っている先生、

明らかにしてはいけない行為、例えば、生徒の耳を噛むなどなど、、、苦笑

これはもうちょうど33年くらい前でしょうかね、

当英語学校の生徒の肝臓が破裂寸前まで兎跳びをグラウンドでさられた

学校は?当然謝罪しませんでしたがね、、、。


今日、授業をしていた生徒は、定期考査の用意をしていました。

その生徒は、私が市内で体育系の生徒以外基本進学する学校に選ばないことをお勧めしている高校でもあります。

高校の英語では、いわゆる暗記構文というものがあります。

一言、

「お前たちにはできないだろうけど、まあ頑張っとけ。」

今の教員の傾向としては、テストの点数の平均点を考えてテストを考えるなど全く考えも市内で試験を作ります。

私立中学でも平均点が50点台のテストを作る(30年前は80点台でしたし、範囲も5倍以上広かったのですが、、、)。

中学校のみならず、高校に至っては、

教員は何をしているのか分かりません。

ご自分がお勉強をしないと、生徒に教えられないと分からないのでしょうかね?

私は、先に言った

「お前たちにはできないだろうけど、、、略」

を言った先生に問題を目の前で解いていただきたいものですね。

なぜか?そういう先生は、自分ができないから生徒にそういう失礼だし、

精神的に非常に良くないことを平気でいうのですね。

そして、その子は、特待生といこともあり、成績が下がると学校からも文句を言われます。

非常に精神的ストレスが多い環境ですね。

もう少し、具体的に現在認可されている教科書の呆れるほどの実用性のなさ、

できの悪さについてもブログで例を上げたいと思います。


ただ、生徒の不登校、学習障害、精神障害も非常に深刻な問題です。

日本語を私はあまり使いませんが、

日本語自体が使えない、苦手だからではありません。

英語も結局は、国語と変わりません。

単語をいくら覚えても、イディオムをいくら覚えても、

自分の言いたいことを海外で相手に伝えたり、書いたりすることはできません。

私は、キャンパスドラマのような子供の使う英語を18歳以上の子供が使うと、、、

無視するでしょうね。

英語の社会には、社会のルールが存在します。


「私は、明日公園へ行きます。」

という英文があったとしましょう。レベル的には、中学校1年生の英作文ですね。

私は、実際のアメリカでの生活で"be going to"という表現を実はほぼ使ったことがありません。家族のように過ごしていた人たちとの会話だったということもありますが、、、。

学校の解答は、真面目に生徒に教えていなくても、

生徒には学校の選定しているテキストの表現を使い書かないと基本は❌にします。

ちなみに、模試の添削はひどいの極みです。

でも、どんなに正解が先生の言うことだけでなくても、

高校までの間は、先生の言う通り(先生は説明すらしないですね、、、特に最近は。)の解答を要求します。


実際、英語を使い慣れるには、練習も必要ですし、やはり外国人としては文法をしっかりと理解することは非常に大切です。

中学校1年生で習う英語、2年生で習う英語、3年生で習う英語、、、

高校受験までに習うまでに英語に必要なこと、

英語を使うことができるようになる上で必要なことは、

実は子供でも大人でも変わりません。


私が4歳から知っている親しいアメリカ人の女の子は、

もう30代になり2児の母になっていますが、、、

小学校低学年から3・4年生にかけて関係詞などを使い始めます。

よく、間違えますね。

すると、お母さんがいつも正していました。

アメリカ人や英語圏の生徒は、

毎日英語を日本人が日本語を話すのと同じように話します。

関係詞や不定詞、さまざまな文法を学校で学びますが、

日本人が日本語を話すのと同じで、

毎日使うことにより、習慣的な学習が可能です。

ただ、これは家庭での言語が英語の場合で、

アメリカでも地区や校区にもよるのでしょうね。

ニューヨークに住んでいる知り合いが、

何年か前に言っていましたが、、、

公立の学校で英語を話している子がニューヨークにはいない、、、苦笑


いずれにせよ、どんな場合においても

適切な英語は存在するのですがね。。。




Tuesday, January 23, 2024

初めての投稿

 初めてまして。

このブログでは、キキです。

実は、生活の80%くらいが英語のため、、、

時々日本語が変なことがあります。

私は、英語教育に20年ほど携わってきました。

教育者としては、ちゃんと英語と日本語を使いますが、仕事としてですね。

でも、私が教えてきた人たち(小学生から社会人までいますが、、、)、

特に、子供はやはり子供が成長するのを見守っていることもあり、

やはり、子供のようです、、、笑

英語は数学や理科などと異なる点もあるし、似ているところもあります。

私は、幼少時代よりカリフォルニア州ロサンゼルスの海岸沿いの郊外の家で静かな時間を休みのたびに過ごしていました。

その時は、日本語を話さなくていい時間でしたね。

ハリウッドやリトル東京など日本人が行くダウンタウンには、ほとんど行くこともありません。一度、行ったことがあります。そのときには、日本人だった方でアメリカに30年か40年以上住んでいた人がリトル東京の店員さんにたくさんいて、色々お話をしましたね。

郊外の家からは行くのに2時間くらいかかっていました。母の親友の家で過ごしていましたが、日本と違い本当にリラックスした時間を過ごしましたね。

日本人は、よく「アメリカ人は言いたいことを言うし、したいことをする」と思っておいでのようですが、母の親友のアメリア(仮名です)は体の不自由な人が同じ病院などに行った際、出会ったらどのようなマナーが必要かなど色々言われました。本当のお母さんのように怒られたこともあります。でも、おかげでアメリカのマナーや心遣いを学ぶことができましたね。

母の生後の先生は、22歳までにペンシルベニア州立大学医学部で博士号を取得し、政府に依頼された研究を行ったり、大統領のお嬢さんの家庭教師も頼まれてしたことのある方でした。兄弟2人でずっと過ごしてきたそうです。私は、退官されてハワイに移住してからハワイの家に遊びに母と行きましたね。

でも、実際に会う前から、小学校1年生くらいから、ずっと私はその先生たちと文通していました。週に2、3回お手紙が来ることもありましたね。

私が、このブログを書くことにしたきっかけについてお話ししたいと思います。

現在、日本の英語教育はレベルが下がる一方です。

共通テストを今年初めて聴きましたが、、、まるで、ジャパングリッシュという新種の英語でも作るのだろうか?と思わず当惑しています。

福岡県でいうと、福岡県の教育レベルの低さは特に深刻で受験より推薦を進める学校が多い、と受験のテキストの出版社の方もお話しされていました。

これで、良いのでしょうかね?

私は、国公立の小学校の子も来ますが、今は学校にまともに出席しない生徒もたくさんいるなど、

「一体、どうなっているんだろう?」

と考えてしまいます。

あとは、教員が生徒をいじめたり、

ハラスメントをしてり、、、

一応、言っておきますが、教育者は子供や生徒を保護するのが前提です。

今、ソーシャルメディアや出会い系サイトを使って、

中学校の女の子を買春する教員がいる、、、

なんか、頭が痛くなりますね。

私も、学校ややはり思春期の生徒で先生に相談できない悩みなどを

保護者の方から受けて、お話をよくします。

でも、教科書のレベルが年々下がり、

本当に教科書で指導がしにくい時代になりました。

例えば、分詞構文・仮定法などはいらないという

先生もいます。

英語がお分かりになっていないようですね。

先生はご自由ですが、かわいそうなのは生徒です。

生徒たちは、これからという将来、英語が必要な時代になっているのに、

実際の英語の指導能力は、、、

どんどん下がっていっている。

教科書の語彙の選定も非常にレベルが低い。

教科書の作りが悪い。

本当に言い切れません、、、。

学校は、成績の評価の簡易化を進めるため、定期テストの回数を減らしている学校もあります。

色々な生徒がいますが、小さい頃から来ている生徒は、基本学校など気にしないで大学入試や社会に行ってもちゃんと英語を実用的に使うことを目的として英語を教えます。

小さい時からお勉強に来ている子は、定期テストの対策も非常に容易で、資格試験もモリモリ頑張ってお勉強します。

私は、グループや二人の授業をすることが好きではありませんし、したこともありません。

子供の性格に合ったようにお勉強します。よって、初めて保護者の方に会う際には、色々お話をします。たまに、勧誘と勘違いしていらっしゃる方もいらっしゃるようですが、子供の教育というのは子供をよく理解して、やはりその子に合った教育をしていきます。

やはり、入会を希望される方も教育方針などをしっかりと理解してほしいと思いますから、面接は必ずします。

ラサール、久留米敷設高校などの中高一貫校の生徒もお勉強に来ます。

外資系や官公庁、昇進などの目的で英語のお勉強に見える生徒さんもいます。

また、長い子は12年以上一緒にお勉強するので、私は子供が成長するのをたくさん見てきました。大人になると、みんな立派なお医者さん、研究者、弁護士になったりして、挨拶に来たりしますね。社会人になってからも、学会の資料などのお手伝いをしたりします。

翻訳は、基本はしませんが、

文化大使をしていた知人の通訳だけ引き受けました。

海外の大学に招待され、研究に行かれる先生の資料なども作成をお手伝いします。

実は、私も福祉関係や衛生学などの分野において知識や経験があることもあり、お話しをしながら作成をします。

医学分野の発表のお手伝いもしたりしますね。

私は、先生と思われるのあまり好きではありません。やはり、生徒には英語を学ぶことのの楽しさ、そして、言語を自由に使えるようになってほしいです。そして、何より楽しんで英語をお勉強してほしいですね。

楽しい、というのは、ゲームをしたりすることではありません。生徒がよく言いますが、あっという間に勉強時間が経ってしまう。

学校の先生を見ていて思いますが、、、

というか、学校とはそんなものでしょうが、

進学学校をのぞいて、予備校も、

しないといけない勉強をカバーしている先生は、

英語に関してはいませんね。

私は、ゲームというものを人生を通してしたことがほとんどありません。ゲームをする生徒を止めることはありませんが、子供がYouTubeばかり見たりするのは成長にあまり良くない影響を及ぼしますね。

これから、少し英語教育について、ブログを続けていきたいと思います。

時々、日本語が変かもしれませんが、、、

というのも、

仕事の時以外英語しかほとんど使わないため、、、

日本語を書くと、主語と述語に悩んだり、、、苦笑

ただ、生徒を教えるときにはそんなことありませんよ、、、笑

ではでは、この辺で。




春の英語学校探し

ちょうど、2月末から3月にかけては、 日本の学生さんは、4月の新学期に向けて 英語学習のための塾や学校をお探しですか? 実は、現在北九州市のほとんどの私立の中高一貫校の 学校が採用している英語の教科書があります。 裏を拝見しましたが、英語の教育関係者が作成したものではないようです...